オシャレに歴史あり

外国から伝わった文化

今、ネイルは大きな人気を得ています。今の主流であるネイルの形は、1960年頃のアメリカンネイルが原型であるとされています。有名な女優などが身につけたことによって、知名度は一気に上昇しました。また、 日本にこの文化が入ってきたのは1970年頃だといわれています。 一度文化が入ってきてからは発展は急速に進み、すぐにネイルサロンが開設され、ネイリスト協会という団体も誕生しました。1990年代になってからは、日本でも大ブレイクとなりました。 人気が上昇していくにつれて、ネイリストを目指す人も多くなってきました。ネイリストへの注目も、ネイル業界を拡大させる要因にもなりました。今ではコンテストなども実施されています。

シニア世代の利用率が高い

ネイルを好む人は数多く存在し、年齢層や性別の幅は非常に広いといわれています。特に最近は、シニア世代の人気が高まっています。また、ネイルの種類として、ケアに重点をおいたものが注目されています。今後はその2つの観点を中心に市場が展開されていくと予測されます。 ネイルの需要の高まりにより、より高度な技術が求められるようになりました。ネイリストになるには、特別な資格は必要とされません。しかし、今では資格は少しでも持っていた方が確実に有利になるといわれています。 また、ネイルの技術だけでなく、サロン内の工夫に凝っているところも多くなりました。その取り組みとして、客がリラックスしてサービスを受けられる環境づくりなどがあります。